頚椎症の症状でしびれがある時は?

頚椎症の症状のひとつに手や指のしびれが挙げられます。
しびれは慢性的な症状になりやすく、なかなか治らない危険性があります。

そこで、頚椎症としびれの関連ですが、医学的にはっきりとして理由は分かっていません。
そのため、しびれを根本から完治させる治療法も確立されてはいないのです。

しかし、医師の中にはしびれを治すための手術を提案してくる場合があります。
手術をしても良くなるとは限らず、場合によっては一層としびれが悪化する危険性も少なくありません。
このような悪循環を招かないためにも、しびれが頚椎症の症状として現れている場合は、症状を緩和させる治療を取り入れてみましょう。
短期間で完治するとは限りませんが、一歩ずつ完治に向けて進むことでしびれを次第に軽減させていくことができます。

頚椎症によるしびれは短期間で完治は難しいかもしれませんが、適切な治療で緩和が可能です。
まずは医師に相談して治療方針を聞いてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました